沖縄で味わうグルメ

家庭でも定番の料理チャンプルー

チャンプルーは、沖縄の方言で「混ぜこぜにしたもの」というような意味であり、沖縄では炒め物料理全般を指して使われます。国内生産量トップを誇るゴーヤをはじめ、豆腐や豚肉、お麩、そうめんなど、さまざまな食材を使ったチャンプルーが存在し、バラエティ豊かなことも特徴です。沖縄ではごく一般的な家庭料理であるチャンプルーは、主に塩・醤油・コショウ・ダシなどで味付けされ、その家庭ごとに味付けは異なります。隠し味として、ピーナッツバターを入れる家庭もあるそうです。沖縄旅行でチャンプルーを味わうなら、定食屋のランチや、居酒屋の一品料理などで注文するとよいでしょう。違うチャンプルーを注文して、みんなでシェアするのもおすすめです。

ファンが多い沖縄そば

沖縄旅行中にほとんどの観光客が食べるであろう沖縄料理といえば、やはり沖縄そばでしょう。そばと呼ばれてはいますが、蕎麦粉はまったく使われていません。沖縄そばの麺は小麦粉から作られており、かん水が使われるため中華麺に似ています。地域によって麺のタイプには違いがみられ、例えば沖縄本島は中太麺、宮古島は平打ち麺といった具合です。豚骨とカツオのスープに、煮込んだ豚肉・ネギ・紅ショウガをのせたスタイルが一般的です。沖縄そばを提供する店は、沖縄県内に数え切れないほどたくさんあるので、事前に人気店をチェックしておくとよいでしょう。また、宿泊先がブッフェ形式の朝食であれば、沖縄そばがメニューの一つに並んでいることもあります。

効率的に観光名所を巡ることが出来る、竹富島ならではのアクティビティを思いっきり楽しむことが出来る、移動手段や宿泊先を自分で確保する必要がないなど、竹富島のツアーには様々な魅力やメリットがあります